3/31東電本社前デモで逮捕された3学生の釈放かちとる!   

パソコンでご覧の方は、以下のアドレスからpdfファイルをダウンロードできます。
http://dl.dropbox.com/u/20354498/zengakuren20110402.pdf

3/31東電本社前デモで逮捕された3学生の釈放かちとる!
東電労働者のみなさん! 闘う労働組合をつくり声をあげよう!
f0237225_18413396.jpg

3月31日の東電本社前デモ

 東京電力労働者のみなさん! 3月31日の「全原発の停止・廃止!」を掲げたデモにおいて、東京電力本社前ででっち上げ逮捕された3学生の保釈を翌日4月1日にかちとりました! 一泊二日の勾留しかできずに釈放せざるをえない、ここにこの弾圧の本質が示されています。「放射能汚染をやめろ!」「すべての被害に補償せよ!」と訴えることが犯罪なのか! 東電幹部は「反省」「謝罪」などと言いつつ、その本音は反原発運動を力づくでつぶすということです。恥を知れ!
 腐りきった東電資本に対し、団結して闘い、原発をなくそう! 闘う労働組合を甦らせよう!

織田陽介・全学連委員長の釈放のアピール
f0237225_18413412.jpg

 4月1日に無事釈放されました!
 ともに声をあげて下さったみなさん、本当にありがとうございました。
 しかし、私は怒りでいっぱいです。
 私は東北大学に入学し、5年間仙台に住んでいました。今もたくさんの先輩や、後輩や、仲間が被災地にいます。今も原発は多くの被曝者を出し、死者を出している。これに抗議の声をあげて逮捕されるとは!
 手錠をかけられ牢屋に入れられるとは!
 本当にすべての人にともに声をあげてほしい。特に、東京電力の労働者のみなさんには、本当に今たちあがってほしい。自分の会社がウソをつき通し、人を殺し、人命よりも会社の株価や財産にばかり見て、それでも原発政策で金儲けを続けようとしている。自分の会社の前で逮捕者が出るような事態になっている。勇気を出して立ち上がるのは今ではないでしょうか。
 私は、もっともっと怒って闘います。一緒に闘いましょう!

坂野陽平・全学連委員長代行の釈放のアピール
f0237225_18413779.jpg

 この奪還を新たなる闘いへの第一歩とすべく、アピールを発します。
 私たちに対して行われた不当逮捕の真実をすべての人々に明らかにしたい! 「すべての原発の即時停止」を訴え、東京電力に対してデモを行ったーーこれが私たちの行動のすべてです。私たちのこの行動が「犯罪」なのですか! 不正義なのですか! 今なお原発に苦しむ現地住民、農民、そして反原発の声を上げる全世界の労働者民衆の怒りが、「法」の名の下に蹂躙されていいのですか!
 私たちは今回の行動によって動揺することも、ひるむこともありません。この社会に怒りの声があふれる限り、私たちは怒りの声を上げ続け、勝利の日まで闘います。
 東電労働者のみなさん! 東電幹部が踏みにじってきたのは、原発に苦しむ住民の声だけですか! 今こそ東電労働者は怒りの声を上げよう! 労働組合を甦らせよう!
 農民のみなさん! TPPによって自らの存在を否定され、原発によって生きることすらままならなくなった今こそ、あなたたちの怒りの声が必要です。労働者とともに闘おう! 菅政権は、農作物の被害をすべて補償せよ!
 全国・全世界のみなさん! 日本の労働者民衆は、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニの怒りを絶対に忘れない! 今こそ、あらゆる分断をぶち破り反戦・反核・反原発の闘いにうって出よう!

斎藤郁真・法大文化連盟委員長の釈放のアピール
f0237225_18413663.jpg

 みなさまの熱い支援のおかげで奪還されたことに、お礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました!
 今回の不当逮捕の中で見えてきたことは、敵権力の脆弱性だと思います。明らかに反人民的な犯罪企業である、東京電力の原発事故への抗議活動が広まることを恐れ、「とにかくなんでもいいから逮捕しろ!」と無実の私を逮捕したにもかかわらず、人民の怒りに負けて結局一泊二日で釈放してしまうお粗末さ。弾圧には弾圧の論理があるものですが、完全に破綻しています。 
 どんなに巨大に見えても、デマと暴力でしか人間を組織できないブルジョア権力のくだらなさがこの大恐慌-大震災情勢でますますあらわになっています。勝利しているのはわれわれです。ともに闘いましょう!

闘う労働組合を甦らせ、大震災復興-原発反対闘争に立ち上がろう!
[PR]

by okzengakuren | 2011-04-02 18:43 | ビラ

<< 岡大で原発の停止・廃止を求める... 3・20渋谷デモへ >>