<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

3・20渋谷デモへ   

3・20渋谷デモに向けたビラをつくりました。パソコンでご覧の方は、以下のアドレスからビラをダウンロードできます。
岡大ビラ
http://dl.dropbox.com/u/20354498/okadai20110313.pdf

実行委員会ビラ
http://dl.dropbox.com/u/20354498/320bira_1.pdf

東北の大震災は資本主義の問題だ!
人の命を使い捨てにする世の中を変えよう!

 まず、11日に発生した東北地方太平洋沖地震の問題は、ただ単に「未曽有の災害」であるだけではなく、資本主義の根本的な矛盾が爆発したものであるということを確認したいと思います。
 宮城県沖の地震は以前から何度も危険性が指摘されていたにもかかわらず、堤防の修復・強化がなされていなかったことや、そこに原発が存在するということそのものに表されるような、そこに生きる労働者・学生の安全というものを先送りにし、資本を優先するような体制がこれほどまで大きな被害を引き起こしたのではないでしょうか。こういった人の安全・命よりも儲けを優先するような体制は、JRの尼崎事故などでも表れているように資本主義そのものの問題であり、資本主義を打倒しない限りなくならないと思います。
 12日の枝野官房長官は原発についての会見で「未曽有の災害ですから」という言い訳を繰り返していました。しかしながら、問題はそこではなく「原発があるから」というところだと思います。これは、様々な企業で、リーマンショックの時に「未曽有の経済危機だから」と派遣切りや内定取り消しを行った事と似ています。あたかも資本や国家に責任はないように言って責任逃れをしますが、経済危機の要因をつくったのも、原発をつくったのもどちらも資本じゃないですか!そういった無責任な、資本による失業や原発のために労働者・学生が殺されるなんてことが許されるはずがありません!
 また、「挙国一致」と言って菅政権は体制を立て直そうとしていますが、安全だと言って原発を推進し、世界中に売り込み、労働者・学生の安全や命を使い捨てにするような菅政権・国家のもとに一致団結することなど出来るはずがなく、打ち倒すほかありません!
結集軸としてあるべきは自分の責任をごまかし、労働者の命を使い捨てにするような国家ではなく、現場で闘う労働者階級・労働組合じゃないかということです!実際に復旧作業を行っているのは現場の労働者であって、政治家たちではありません!
 そして、この災害情勢下でも戦争体制は止まってはいないのです。米韓合同演習に参加していた米空母ロナルド・レーガンが13日朝、災害救援という名目で日本沖合に到着しています。これをもって朝鮮侵略体制を進めようとしています。いまだに日本近海では戦争のための軍事演習が続けられているのです!
 しかしながら、もう一方で中東のエジプトやリビアでは、「生きるために政権を打倒し、社会を変革させよう!」と闘い続けています!この革命の勢いを絶やしてはなりません。日本でも、資本の支配と闘わなければ失業や戦争、安全の問題で労働者・学生の生命が脅かされ続け、今回のような悲劇が繰り返されるに違いありません。

被災している東北大学からも、ライフラインがストップしている中で3.20への結集が呼びかけられています!この呼びかけに応え、被災地の労働者や学生・世界中の闘いと連帯し、菅政権打倒!朝鮮戦争阻止!の3.20渋谷デモに立ち上がりましょう!そして、そのデモの勢いでもって、このような人の命を後回しにし、使い捨てにするような世の中を一刻も早く変革しようじゃないですか!もう二度とこのような悲劇を繰り返させてはなりません。一緒に行動しよう!

f0237225_0292856.jpg

3月6日仙台でのデモの様子
[PR]

by okzengakuren | 2011-03-14 00:31 | ビラ

3・13岡山行動での発言   

3・13岡山行動で発言しました。
f0237225_02541.jpg

発言は、以下の通り。

東北の大震災は資本主義の問題だ!
人の命を使い捨てにする世の中を変えよう!

 まず、11日に発生した東北地方太平洋沖地震の問題は、ただ単に「未曽有の災害」であるだけではなく、資本主義の根本的な矛盾が爆発したものであるということを確認したいと思います。
 宮城県沖の地震は以前から何度も危険性が指摘されていたにもかかわらず、堤防の修復・強化がなされていなかったことや、そこに原発が存在するということそのものに表されるような、そこに生きる労働者・学生の安全というものを先送りにし、資本を優先するような体制がこれほどまで大きな被害を引き起こしたのではないでしょうか。こういった人の安全・命よりも儲けを優先するような体制は、JRの尼崎事故などでも表れているように資本主義そのものの問題であり、資本主義を打倒しない限りなくならないと思います。
 12日の枝野官房長官は原発についての会見で「未曽有の災害ですから」という言い訳を繰り返していました。しかしながら、問題はそこではなく「原発があるから」というところだと思います。これは、様々な企業で、リーマンショックの時に「未曽有の経済危機だから」と派遣切りや内定取り消しを行った事と似ています。あたかも資本や国家に責任はないように言って責任逃れをしますが、経済危機の要因をつくったのも、原発をつくったのもどちらも資本じゃないですか!そういった無責任な、資本による失業や原発のために労働者・学生が殺されるなんてことが許されるはずがありません!
 また、「挙国一致」と言って菅政権は体制を立て直そうとしていますが、安全だと言って原発を推進し、世界中に売り込み、労働者・学生の安全や命を使い捨てにするような菅政権・国家のもとに一致団結することなど出来るはずがなく、打ち倒すほかありません!
結集軸としてあるべきは自分の責任をごまかし、労働者の命を使い捨てにするような国家ではなく、現場で闘う労働者階級・労働組合じゃないかということです!実際に復旧作業を行っているのは現場の労働者であって、政治家たちではありません!
 そして、この災害情勢下でも戦争体制は止まってはいないのです。米韓合同演習に参加していた米空母ロナルド・レーガンが13日朝、災害救援という名目で日本沖合に到着しています。これをもって朝鮮侵略体制を進めようとしています。いまだに日本近海では戦争のための軍事演習が続けられているのです!
 しかしながら、もう一方で中東のエジプトやリビアでは、「生きるために政権を打倒し、社会を変革させよう!」と闘い続けています!この革命の勢いを絶やしてはなりません。日本でも、資本の支配と闘わなければ失業や戦争、安全の問題で労働者・学生の生命が脅かされ続け、今回のような悲劇が繰り返されるに違いありません。

被災している東北大学からも、ライフラインがストップしている中で3.20への結集が呼びかけられています!この呼びかけに応え、被災地の労働者や学生・世界中の闘いと連帯し、菅政権打倒!朝鮮戦争阻止!の3.20渋谷デモに立ち上がりましょう!そして、そのデモの勢いでもって、このような人の命を後回しにし、使い捨てにするような世の中を一刻も早く変革しようじゃないですか!もう二度とこのような悲劇を繰り返させてはなりません。一緒に行動しよう!
[PR]

by okzengakuren | 2011-03-14 00:04 | 活動報告

新入生の皆さんへ   

f0237225_19363799.jpg

岡大の新入生へ配っているビラの内容です。
以下のアドレスからpdfファイルをダウンロードできます。
https://dl.dropbox.com/u/20354498/okayamazengakuren20110311.pdf

~社会を変革できる時代が来た!~

 今世界中で起こっていること、それは支配体制の崩壊と革命です!
 中東では、チュニジアの一人の青年が社会への怒りをあらわにし、それに多くの人が共感していって革命がチュニジア以外の国々まで広まっていきました。そして、その怒りでそれぞれの支配者を打ち倒し、人間らしく生きるために今も闘っています。
 ひとりひとりが立ち上がることで、独裁のような強力な支配も打ち倒せるのです!
 中東の革命は今や中国や北朝鮮、アジアにまで広がっています!
 社会への不満があるなら、一緒に行動しよう!私たち自身が社会的な怒りを燃やしてひとりひとり立ち上がれば、中東の革命のように社会は変えられます!
 3月20日には渋谷で全世界一斉行動としてイラク反戦8周年のデモを行います。世界中の怒りと一緒になってそれぞれの支配をひっくり返し、自分たちの社会をつくろうじゃないですか!

~反戦政治闘争~

 世の中を変えるもの、それは学生や労働者の団結です。
社会を動かしているのは資本家(社長)や政治家ではなく、労働者なのです!
 実際の生産を担っているのは資本家ではなく労働者じゃないですか。政治家がいなくても自分たちのことは自分たちで決められるじゃないですか。
 そして戦争をさせられるのも私たち若者です! 私たちが戦争に協力しなければ戦争だって止められます。沖縄を見てください。政策として基地をつくると言われ続けているにも関わらず、それに絶対反対で闘うことで、基地建設を拒んでいるじゃないですか!
 新入生歓迎企画では沖縄にも向かいます。一緒に沖縄で反戦闘争をやろう!

~学生とは~

 不況だから仕方ない、戦争だから仕方ない……そういった、現状をただ追認して諦めるのではなく、真っ正面から理論的に問題を捉え、それを乗り越えていくためにあるものが真の学問ではないでしょうか。
 そして、今日のような激動の時代にこそ、そういった真の学問が求められているのではないでしょうか。
[PR]

by okzengakuren | 2011-03-11 16:07 | ビラ

3・20渋谷デモに向けて看板を出しました!   

f0237225_1374635.jpg

[PR]

by okzengakuren | 2011-03-08 13:08 | 活動報告